地域活性化プランコンテストとは?

概要

全国から約20名の大学生を蒲郡に集め、2泊3日の合宿形式で蒲郡の地域活性化プランを考え、それを最終日に審査員や市民の皆様に発表をするプランコンテストです。昨年度に引き続き、第2回を開催します!

運営は地元出身の学生や地元の大学に通う大学生を主体とした若者主体で行う、大学生の、大学生による、大学生のための地域活性化プランコンテストです!

地域の課題に取り組む熱い3日間を蒲郡で過ごしませんか?

開催日 2018年9月15日(土)、16日(日)、17日(月・祝)
会場 愛知県蒲郡市内

宿泊先:形原温泉 鈴岡旅館

最終発表会会場:がましんホール(蒲郡信用金庫本店営業部内ホール)

※15日(土),16日(日)は鈴岡にてプランニング、17日(月・祝)はがましんホールにて発表会という形になります。

費用 無料(蒲郡までの交通費は参加者負担)
参加資格 地域活性化に興味のある大学生(出身地問わず)
募集数 大学生 21人、3人1チームで7チーム。チーム応募も可能。
応募 7月3日から、ホームページ上で開始(〆切 8月13日23時59分まで)
応募は3人1チームでの応募も可能なのでその旨フォームに記入
応募者多数の場合は選考を行わせていただく場合がございます。
後援

(2018年8月17日現在)

主催:蒲郡地域活性化プランコンテスト実行委員会
後援:愛知県,蒲郡市,蒲郡市観光協会,蒲郡観光協会,中日新聞社,東愛知新聞,蒲郡商工会議所,蒲郡青年会議所,蒲郡信用金庫,東海日日新聞社

※第1回 参加学生出身大学

東京大学、早稲田大学、慶應大学、一橋大学、
法政大学、筑波大学、京都大学、大阪大学、名古屋大学、
名古屋外国語大学、中京大学、静岡大学、同志社女子大学

実行委員長挨拶

地域活性化。

以前より日本では国単位、都道府県単位で多くの地域活性化活動が行われてきました。そ
れは市民主体であったり、行政が主体であったり形は様々あり、私の知らない活動も多々
あることだと思われます。

そんな中、前実行委員長である藤田啓介の努力により実現した第一回蒲郡地域活性化プラ
ンコンテスト。私自身、これまで自分の住む町について深く考えた経験はなく、興味本位
で参加した本企画ではあったが、参加学生、協賛企業の方々、市役所、その他大勢の方々
にお会いし、意見交換していく内に様々なことに気づかされました。物事を一から始める
ということの難しさ、私たちの頑張りだけではどうにもならないこともあるということな
ど、ここでは書ききれないくらいのことがたくさんありました。

特に私が感じたのは、蒲郡市民の「市民性」です。蒲郡は多くの問題や課題を抱えていま
すが、それに対して「他人事」であるという考えの人が多かったように思います。地域活
性化のみならず、種々の活動にはそれそのものを「自分事」として捉えることが必要不可
欠なのではないかと考えます。だからこそこの活動を通じて、「他人事」だったものを「
自分事」にとして考えるようになり、市民が街のために行動したいと思えるような雰囲気
づくりをしたい。

今回で第2回となる本企画。主催する実行委員会は去年同様、蒲郡出身の学生で構成され
ています。市外・県外から蒲郡に来られる参加者の方、市内から発表会を見に来られる市
民の方などが2泊3日で蒲郡という街について正面から向き合って頂きます。もちろん私た
ち実行委員会も参加学生の皆さんを全力でサポートし、少しでも蒲郡のために、参加・協
賛してくださる企業・団体の皆さんの期待に応えられるような活動をさせて頂くので、共
に新たな「蒲郡」という街をデザインしていきましょう。

地域活性化や今回のプランニングテーマに興味のある人、今までにない経験をしてみたい
人、蒲郡が大好きだという人、、、たくさんの方の挑戦をお待ちしています。

蒲郡のために、私たち自身のために、今こそ前を向きましょう。

第2回蒲郡地域活性化プランコンテスト実行委員会
実行委員長 竹内涼

PAGE TOP